ドローン空撮の魅力と問題点

ドローン空撮とは

空からダイナミックな映像が撮れたら、と思ったことはありませんか?
上空からの空撮が、誰でも簡単にできるよう開発されたのが、ドローンです。

ドローンとは、複数の回転ローターを搭載したマルチコプターです。
優れた飛行性能と、使い勝手の良さで運輸業から報道関係まで様々な分野から注目されています。

一般消費者向けのドローンは、かなり注目を集めています。
ろいろなメーカーから手のリサイズのドローンが登場し、頑丈で比較的安いものなど様々なものがリリースされています。

純正のカメラを内蔵しているドローンもあれば、アクションカメラを取り付けることができるドローンもあります。
個人では不可能に近かった空撮も、一気に身近なものとなりました。

さらには、ドローンは個人利用の幅を超えて、報道関係でも活躍しています。
イギリスでは、テレグラフでカメラマンを努めている方が、サマセット州で大洪水が起こった際に、村の様子をドローンを使って空撮し、報道しています。

被害の様子や現状、生存者の確認などが、一人でも安全かつ簡単に撮影できるようになったのです。
災害が起こった際には、メディア関連では活躍するに違いありませんね。

ドローンによる事件やトラブル

便利な反面、思わぬ場面でドローンを使う方も増えています。
ドローンで宅配物を届けたり、操り人形を操るなど、様々な使われ方がしていますが、急速に普及した結果、ルールや法律などが定まっておらず事件やトラブルが発生しています。

たとえば、人ごみに落下するという事故。
決して頭にぶつかっても平気なほど、軽いものではありません。
子供の頭に落下したら、それこそ死ぬ可能性さえあるのです。

4つのプロペラが急速に回転していることから、騒音トラブルも絶えません。
撮影中にも、ブオーンという音が鳴り響いていますが、夜中にドローンを操縦し、騒音をまき散らすなどのトラブルが起こっているのです。

さらには、刑務所の塀の向こう側へと煙草を届るという路件まで発生しています。
すでにアメリカではドローンの規制がかかりつつあります。

現在FAAが出している規制案としては、操縦のパイロット免許取得制度を義務化する、ドローン飛行は日中のみ、指定の場所で。
飛行は操縦者が目視できる範囲内でなどの規制案が出ています。

この規制が決定してしまうと、グーグルが計画しているドローンを使った宅配サービスは不可能となります。
個人で楽しむのは良いにしても、報道関係では目視できるところしか撮影ができなくなってしまいます。

スポーツ業界でも、ドローンを使った盗撮事件が発生しています。
2014年のブラジルワールドカップで、フランス代表のトレーニングの様子がドローンを使って盗撮されるという事件が起こりました。

サッカーの試合の様子を空撮したものが、動画サイトにアップロードされていたり。
個人によるこういったドローン空撮の犯罪が起こっているからこそ、規制がかかり「せっかくのドローンの機能が発揮できない状況」へと陥ってしまっています。
企業にとっては大問題です。

良しも悪しも、すでに広まってしまったドローンですが、アメリカを筆頭に規制は厳しくなっていくでしょう。
ドローンの性能や実用性は確かですから、柔軟性を持ちながらも、しっかりと規制を維持しっ臨機応変に活用できる時代がきたら、映像制作者としてはあり難いですね。

フィルムカメラの魅力を知ろう

フィルムカメラの魅力とは

フィルムカメラをずっと使い続けているという方から、その魅力を教えてもらいましょう。
今や、カメラといえばデジタルカメラを連想するでしょう。

デジタルの全盛期と言っても過言ではありませんが、店頭へいくとやはりデジタルカメラがずらりと並んでいます。
専用グッズも、デジカメ専用に作られていますし、店頭ではフィルムカメラを見つけることもできないくらいです。

それでもなお、フィルムカメラを使い続ける理由とは何なのでしょう。
フォルムカメラが好きだという方は、デジタルカメラが嫌いなわけではありません。
デジカメの性能の良さも理解していながら、あえてフィルムカメラを使っているのです。

フィルムカメラの良さを考えてみよう

やはりフィルムカメラの一番の魅力といえば、フィルムが持っている味、表現力や色味でしょう。
デジタルでは表現できない次元で、美しい出来栄えの写真に仕上がります。

デジタルカメラの性能は確かに上がっています。
ですが、風景を撮影したら、一言でいえば「別の場所に見えてしまう」ほど、同じ場所を撮影しても全く違う写真に仕上がります。

色味、雰囲気、味が違います。
デジタル写真は一言でいえば「さっぱりしている」対象的にフォルム写真は「温かみがある」のです。

フィルムカメラのデザイン性

フィルムカメラを持つ感覚、操作する感覚は手にダイレクトに伝わってきます。
ただ、画面上でタッチしてピピッと操作するのではなく、シャッターや操作しているその「感覚」がダイレクトに伝わってくるのです。

シャッターを切ったという感覚が手に残ります。
このデザイン性が好きで、フィルムカメラを使い続けているという方も多いでしょう。

フィルムカメラの場合は写真を撮るうえで、大切なピントや絞り、露出の調整などもマニュアル操作です。
気軽に撮影できるデジカメとは違い、実際に撮影に至るまでの流れやフィーリングが好きだという方もいます。

フィルムカメラで撮った写真は、1枚1枚に愛着がわきます。
それくらい、完璧な出来栄え、「写真を撮る」ということへのこだわりがその1枚にしみこみます。
フィルムカメラファンは、その感覚から離れられないのでしょう。

フリーランスの映像制作者になるには

フリーランスの映像制作者になろう

「独立する」と言葉では簡単にいえますが、映像制作者として、フリーランスで働こうと思えば大変です。
独立には勇気が必要ですし、経験や知識がなければ絶対に成功しません。

フリーランスの映像制作者になるには、まずそれなりに経験し、知識を得ておく必要があります。
経験年数に決まりはありませんが、最低限の知識だけでは独立できません。

実際に行動に移したい方は、まずは、税務署に行って相談しましょう。
税制に関して学び知っておくことで、領収書や請求書の仕方、記録の残し方などがわかります。

フリーランスは個人事業主です。
毎年自分で確定申告が必要ですし、経費や売り上げをまとめ、申告をし税金を納めます。
税制に関する知識は、「最低限必要な知識」に含まれていることを覚えておいてください。

雇われの身である間は、とにかく貯金をしてください。
フリーランスは、社会的な信用がゼロに近いと考えます。
信用できるのは厳禁だけです。

映像制作を外注すると、しっかり支払いをして領収書をもらい、そして毎年申告をする。
社会での地位は、そういう手順を踏んで、自ら築いていかなければいけません。

映像制作者同士の人脈を作ろう

相談できる人がいれば、心強いですよね。
フリーランスはいわば、一匹オオカミです。

フリーランスになる前の職業が、映像制作に関わる仕事なのであれば、人脈も作りやすいですよね。
取引先の方でも良し、同僚でも上司でも、人脈形成はしておくべきです。

会社員の時から、映像制作関連のセミナーはチェックしておきましょう。
個人で映像制作をされている方の、ブログやサイトをチェックするのも欠かせません。
成り上がっていくための、人脈を作ってください。

「わかりやすい映像」を考える

わかりやすい映像って何だと思いますか?

人は目で物を見て、耳で音を聞いて、頭で考えて記憶に刻んでいきます。
そこで、映像を見た時にまず目で見ますよね。
音を聞き、脳が覚え、考えて理解して行きます。
その流れの中で、視聴者が見て「わかりやすい映像」とはどんなものでしょうか。

町並みが写っている写真があるとしましょう。
6車線の道路、交差点、バスが走っていて、タクシーがたくさん止まっている。
大きな建物があり居酒屋さんの看板がある。
遠くにあるのは・・・オフィスビルでしょうか。

その写真を見ると、かなり詳しい人でない限り「どこの場所の写真なのか」を当てることはできないでしょう。
住んでいる地域でなければ特に、これと言って地名などの特徴のない写真からは、どこの写真かわかりません。

ですが、駅名が書いてある駅入り口の写真を魅せたら、「ここはどこか」など簡単に答えられますよね。
だって、駅名がしっかり書いてありますから。

写真に駅名が書いてある、これが、「ここがどこなのか、わかりやすい写真」です。
わかりやすい映像について考えたとき、1つ言えることは、「映像の中にどれだけわかりやすい情報を入れるか?」ということになります。

引き画と寄り画

映画やテレビドラマでは、多くの場面で引き画が使用されています。
引き画とは、その名の通り「引いて撮った映像」です。

先ほどたとえ話で挙げたような、広い街並みが写っていて多くの情報が入れ込まれている写真のような画です。
反対に、見ている人に教えたい情報に寄って撮った映像のことを寄り画と言います。

引き画や寄り画には、更に細かい種類があります。
その代表的な例をご紹介しましょう。

まずはロングショット。
空や地面、高い建物を含み、遠くに人物が立っているような映像です。
ロングショットでは、その人物の表情まで知ることはできません。

人物の表情から全体、そして背景を含めて表現している映像が、フルショットです。
フルショットでも足先まで写っていなければ、カウボーイショットという種類にわけられます。

二―ショットともいわれるミディアムショットは、ひざ上から頭のさきまで入っている映像です。
更に人物に焦点をあてて、背景が少しボケる程度のショットを、ミディアムクローズアップといいます。

人物に近づいて、表情がわかる程度まで寄った映像をクローズアップと言います。
最後に、一部または細部まで見えるようなショットをエキストラクローズアップと言います。

このショットを使いまわずと、カメラが映す被写体についての情報を、見ている方にわかりやす伝えられるよう映像制作することができます。
遠くを映して近くを映して、混乱するような映像に編集すると、見ている人を混乱させてしまいますし画面酔いしてしまうこともあります。
「わかりやすい映像」は、一歩間違えると「わかりにくい映像」になってしまうのです。

ショットや映し方を理解して、よりわかりやすい映像を作れるよう編集してみましょう。
そのためには、ズームやアップ、明るさや色味の調整など映像を繋ぎ合わせたり映像効果を魅せる編集技術が必要ですね。

わかりやすい映像にするには

最後に、わかりやすい映像にするための根本的なことをお話させてください。
言いたい事は1つだけ、「わかりやすいって誰にとってわかりやすいの?」です。

自分なりにわかりやすい映像を作る、それはただの自己満足です。
誰にわかってほしいのか、誰に見てほしいのかによって、わかりやすい映像の定義は異なります。

人には好みがあります。
風景写真が好きな人もいれば、被写体メインに写った写真が好きな人もいます。

その好みを1人1人に合わせて映像を作るのには限界があります。
わかりやすいと言っても、「誰にわかりやすいのか」を考えてみてください。
それこそ、動画のコンセプトや対象とする視聴者に合わせて作れば良いのです。

最初に考えなければいけないことは、「誰に魅せるのか」なのです。
見ている人がわかりにくいと感じたら、ものその動画は100%、わかりにくい映像なのですから。

Adobe After Effects CS6

Adobe After Effects CS6とは

Adobe After Effects CS6は、アフターエフェクトCS6のWindows版とMac版に対応している動画編集ソフト。
3Dカメラトレッカーやレイトレースなど、表現力が豊かな3Dオブジェクトが制作できる機能が備わったソフトです。
編集にかかる時間とプレビューまでの時間が激的に短縮され、効率よく編集ができるようになっています。

映画やテレビ番組、CMなどの映像制作にも標準的に用いられています。
インパクトのある特殊効果や3D合成、アニメーションなどを作成したいという方におすすめです。

Adobe After Effects CS6の機能性について

大きな特徴といえば2つ。
3D表現が教科され、キャッシュの効率化機能が備わっています。
3Dカメラトレッカーというものが備わっており、映像中のカメラの動きを、3次元的に解析し、Adobe After Effectsのカメラとして作成することができます。

とても簡単で制度が高いので、素人でもクオリティの高い映像を作ることができます。

レイトレース3Dという機能も備わっており、厚みを持ったオブジェクトを描写することができます。
テキストやロゴなどを動画内で動かせるのです。

グローバルパフォーマンスキャッシュ機能というものもあります。
一度計算したフレームを、メモリやディスクに保存して再利用できるという機能です。

Adobe After Effects CS6口コミ・レビュー

Adobe After Effects CS6のレビューを見ると、やはり3D編集が強化されたことにより、使い始めたという方が多いようです。
操作に慣れている人でも、もっと簡単な動画編集ソフトを選びます。

はっきり言って、Adobe After Effects CS6の操作は簡単だとはいえません。
ですが、出来ることの幅がぐんと広がります。
より映画やドラマのような、リアルな3D動画が作りたい方におすすめです。