1. >
  2. >
  3. フィルムカメラの魅力を知ろう

フィルムカメラの魅力を知ろう

カメラの小物

フィルムカメラの魅力とは

フィルムカメラをずっと使い続けているという方から、その魅力を教えてもらいましょう。
今や、カメラといえばデジタルカメラを連想するでしょう。

デジタルの全盛期と言っても過言ではありませんが、店頭へいくとやはりデジタルカメラがずらりと並んでいます。
専用グッズも、デジカメ専用に作られていますし、店頭ではフィルムカメラを見つけることもできないくらいです。

それでもなお、フィルムカメラを使い続ける理由とは何なのでしょう。
フォルムカメラが好きだという方は、デジタルカメラが嫌いなわけではありません。
デジカメの性能の良さも理解していながら、あえてフィルムカメラを使っているのです。

フィルムカメラの良さを考えてみよう

やはりフィルムカメラの一番の魅力といえば、フィルムが持っている味、表現力や色味でしょう。
デジタルでは表現できない次元で、美しい出来栄えの写真に仕上がります。

デジタルカメラの性能は確かに上がっています。
ですが、風景を撮影したら、一言でいえば「別の場所に見えてしまう」ほど、同じ場所を撮影しても全く違う写真に仕上がります。

色味、雰囲気、味が違います。
デジタル写真は一言でいえば「さっぱりしている」対象的にフォルム写真は「温かみがある」のです。

フィルムカメラのデザイン性

フィルムカメラを持つ感覚、操作する感覚は手にダイレクトに伝わってきます。
ただ、画面上でタッチしてピピッと操作するのではなく、シャッターや操作しているその「感覚」がダイレクトに伝わってくるのです。

シャッターを切ったという感覚が手に残ります。
このデザイン性が好きで、フィルムカメラを使い続けているという方も多いでしょう。

フィルムカメラの場合は写真を撮るうえで、大切なピントや絞り、露出の調整などもマニュアル操作です。
気軽に撮影できるデジカメとは違い、実際に撮影に至るまでの流れやフィーリングが好きだという方もいます。

フィルムカメラで撮った写真は、1枚1枚に愛着がわきます。
それくらい、完璧な出来栄え、「写真を撮る」ということへのこだわりがその1枚にしみこみます。
フィルムカメラファンは、その感覚から離れられないのでしょう。

あわせて読みたい