1. >
  2. >
  3. フリーランスの映像制作者になるには

フリーランスの映像制作者になるには

キーボードの画像

フリーランスの映像制作者になろう

「独立する」と言葉では簡単にいえますが、映像制作者として、フリーランスで働こうと思えば大変です。
独立には勇気が必要ですし、経験や知識がなければ絶対に成功しません。

フリーランスの映像制作者になるには、まずそれなりに経験し、知識を得ておく必要があります。
経験年数に決まりはありませんが、最低限の知識だけでは独立できません。

実際に行動に移したい方は、まずは、税務署に行って相談しましょう。
税制に関して学び知っておくことで、領収書や請求書の仕方、記録の残し方などがわかります。

フリーランスは個人事業主です。
毎年自分で確定申告が必要ですし、経費や売り上げをまとめ、申告をし税金を納めます。
税制に関する知識は、「最低限必要な知識」に含まれていることを覚えておいてください。

雇われの身である間は、とにかく貯金をしてください。
フリーランスは、社会的な信用がゼロに近いと考えます。
信用できるのは厳禁だけです。

映像制作を外注すると、しっかり支払いをして領収書をもらい、そして毎年申告をする。
社会での地位は、そういう手順を踏んで、自ら築いていかなければいけません。

映像制作者同士の人脈を作ろう

相談できる人がいれば、心強いですよね。
フリーランスはいわば、一匹オオカミです。

フリーランスになる前の職業が、映像制作に関わる仕事なのであれば、人脈も作りやすいですよね。
取引先の方でも良し、同僚でも上司でも、人脈形成はしておくべきです。

会社員の時から、映像制作関連のセミナーはチェックしておきましょう。
個人で映像制作をされている方の、ブログやサイトをチェックするのも欠かせません。
成り上がっていくための、人脈を作ってください。

あわせて読みたい