1. >
  2. >
  3. 映像制作の外注費用相場

映像制作の外注費用相場

大量の一万円札の画像

映像制作の外注とは

本格的な映像制作を行いたいとき、コンセプトはあるが、機材も技術も持っていないとしましょう。
そんな困ったときには、映像制作の会社に依頼するという方法が便利です。

ただ、映像制作の外注と聞けば、高額な費用がかかるのではないか、と心配される方もいるかもしれません。
そこで、今回は費用の相場についてお話していきます。

外注の費用は、どの程度の動画作業をするのかによって大きく変わります。
たとえば、元動画を切り貼りするだけだとかなり安く外注することができるのです。
反対に字幕やエフェクトなどの演出を含めると、かなり高額になります。

具体的には、5分程度の動画編集を依頼した場合、切り貼りだけは15万円程度、字幕や映像効果も含めると最低でも30万円以上かかるのが一般的です。
編集の内容には、テロップやタイトル入れ、グラフなどのデザイン作業から、ナレーションの挿入、BGMの追加などがあります。

なぜこれほどまで違いが出るのかといえば、字幕や映像効果における、グラフィック制作・ナレーションの録音挿入などは、高い編集技術を要し、作業時間も切り貼りに比べるとずっとかかるからです。
とはいえ、自分で機材を揃えて映像を制作しようと思えば、何百万円というお金がかかってしまうため、30万円程度でクオリティの高い映像を制作してくれる外注はとても良心的だといえます。

外注費用の相場をチェック

自社で動画を制作したいと考えたとき、知識ある人間を雇うだけで莫大な人件費がかかります。
ただでさえ動画制作に費用がかかっているので、人件費はできるだけ削減したいと思うでしょう。

しかし、それでは高いクオリティを持った訴求力のある動画は出来上がりません。
専門知識を持っている人間に依頼して、優れた映像を作るほうに注力したほうがいいでしょう。

外注費用の相場はケースによって大きく変わります。
たとえば、個人でも映像制作を承っている技術者がいますが、そういった方は、数万円から数十万円という金額でミュージックビデオの作成、動画編集などの仕事を受けています。

では、外注業者はというと、最低額の平均は30万円程度です。
これは、さきほど触れた5分程度の動画編集における金額となります。

30万円という金額に対して、高いと思うか、安いと思うかは人それぞれでしょう。
ただ、業界でいえば30万円はかなり安いほうです。

凝った映像で、尺が長くなると、数百万円までのぼる業者も少なくありません。
テレビCMのようなハイクオリティな動画は、100万円程度が相場です。

映像制作をするとき、「一体、どんな動画が作りたいのか?」「どんな動画が自分たちには必要なのか?」ということをきちんと考えるようにしましょう。
外注にかかる費用は決して安いものではないために、失敗は誰でも避けたいはずです。

外注依頼をする際は、複数の業者を比較して、もっとも納得できる業者を選ぶようにしてください。
それが映像制作を成功させるひとつのコツとなります。

あわせて読みたい