1. >
  2. >
  3. Adobe After Effects CS6

Adobe After Effects CS6

PCマウスの画像

Adobe After Effects CS6とは

Adobe After Effects CS6は、アフターエフェクトCS6のWindows版とMac版に対応している動画編集ソフト。
3Dカメラトレッカーやレイトレースなど、表現力が豊かな3Dオブジェクトが制作できる機能が備わったソフトです。
編集にかかる時間とプレビューまでの時間が激的に短縮され、効率よく編集ができるようになっています。

映画やテレビ番組、CMなどの映像制作にも標準的に用いられています。
インパクトのある特殊効果や3D合成、アニメーションなどを作成したいという方におすすめです。

Adobe After Effects CS6の機能性について

大きな特徴といえば2つ。
3D表現が教科され、キャッシュの効率化機能が備わっています。
3Dカメラトレッカーというものが備わっており、映像中のカメラの動きを、3次元的に解析し、Adobe After Effectsのカメラとして作成することができます。

とても簡単で制度が高いので、素人でもクオリティの高い映像を作ることができます。

レイトレース3Dという機能も備わっており、厚みを持ったオブジェクトを描写することができます。
テキストやロゴなどを動画内で動かせるのです。

グローバルパフォーマンスキャッシュ機能というものもあります。
一度計算したフレームを、メモリやディスクに保存して再利用できるという機能です。

Adobe After Effects CS6口コミ・レビュー

Adobe After Effects CS6のレビューを見ると、やはり3D編集が強化されたことにより、使い始めたという方が多いようです。
操作に慣れている人でも、もっと簡単な動画編集ソフトを選びます。

はっきり言って、Adobe After Effects CS6の操作は簡単だとはいえません。
ですが、出来ることの幅がぐんと広がります。
より映画やドラマのような、リアルな3D動画が作りたい方におすすめです。

あわせて読みたい