1. >
  2. >
  3. 注意したいマイクの扱い方

注意したいマイクの扱い方

マイクの扱いで失敗しないために

撮影したときに、音が撮れていなかった。
これぞ、動画撮影の際によくある一番の失敗です。

音がなかったら意味がありません。
マイクはしっかりとカメラに装着し、扱い方に注意しましょう。

マイクは、声を機材へと入力するための装置です。
マイクの使い方によって、音や声が全く違うものになります。

まずはマイクの指向性についてお話します。
指向性とは、マイクが音を集めやすい方向にあるかどうかです。

マイクの種類としては、単一指向性マイクと、無指向性マイクがあります。
単一性は正面からの音をよく拾います。
ですが、他方からくる音を拾いにくいという特徴があります。

カラオケなどにあるマイクは、この単一指向性マイクです。
無指向性マイクの特徴として全方向の音を均等に拾うことができます。
インタビューや会議室などでは、そんなマイクが使用されています。

基本的には、欲しい音が出ている方向に向かってマイクを向けるのが基本です。
全く違う方向に向いていると、音を拾わないので注意しましょう。

人の声を拾いたいとき

たとえば、口元にマイクを当てたいとします。
マイクを口に近づければ近づけるほど、より声を拾うようになり、マイクを離せば離すほど、声を拾わなくなります。

単一性は、近づけすぎると近接効果が起こります。
口元に近づけすぎた時に、息が直接マイクにあたってしまって、ボンボンという音が出ることを吹かれやポップノイズと言います。
ポップガードというものをつけることで、この雑音を消すことができます。

マイクを近づけすぎると低音が増します。
これを、近接効果と言います。

イコライザーという装置を使って低音部分をカットしていれば、大丈夫ですが単一指向性ではこの装置はありません。
マイクと口元は5センチ以上は離すこと。
そして、グリル部分は握らないように、無線マイクの場合は、しっぽを握らないように扱います。
バックの音と声のバランスを考えて、音量を調整します。

マイクの扱い方、禁止事項

当たり前ですが、カメラに装着するタイプのマイクも、手持ち用のマイクも、叩かないこと、息を吹きかけないことは当然の禁止事項です。
よく、マイクテストと称して息を吹きかけたり、コンコンと叩く方がいますが、これは機材に良くない行為ですから、やめておきましょう。

マイクはスピーカーに近づけてはいけません。
スピーカーに向けてもいけません。

マイク一つで声が変わりますから、周囲に何があるか。
そして、扱い方は充分に心得て使用して下さい。

あわせて読みたい